白の比較 マット・グロス

 

スクリーン印刷の白色は、オフセット印刷に比べ、比較的 「白が白っぽく」表現されます。ですが、やはり白色は材料の色の影響を受けやすく、見え方が違ったりします。そこで、色付きの材質に、白を印刷しサンプルを比較してみました。

 

材質は  ●青ステッカー    ●反射黄色ステッカー  ●黒マット紙

インキは ●普通 白 マット  ●高濃度 白 マット  ●高濃度 白 グロス

※写真は蛍光灯の光が映り込んでいますので、部分的に見にくいですがご了承下さい。

↑クリックすると拡大します。

 

普通 白 マット と 高濃度 白 マット では、やはり 高濃度 白 マット の方が白さがありますね。材質の色の影響が少ないです。

 

高濃度 白 グロス は、青ステッカー と 反射黄色ステッカー の上ではやや光沢があり白が白らしく見えます。ですが、黒マット紙 の上では、材質がマットなため 高濃度 グロス 白 が紙に染み込んでしまい、白がうまく表現できません。残念ながら このように材質の表面の違いでも影響が出てしまいます。

 

でも、この 黒マット紙 の上でどうしても白らしい白が見たい方もいるはず!印刷部に印刷サンプルを依頼し、黒マット紙 の上に 高濃度 UV白 グロス を印刷してもらいました。

 

こちらは、5種類の材料に印刷してもらいました。

 

材質は  

●黒マット紙 ●白板紙(オフピンク) ●白板紙(オフ金) 

●ボール紙  ●トレーシングペーパー

↑クリックすると拡大します。

 

いい感じです! 高濃度 UV白 グロス! 白が白ですね。

 

お化粧品のケースや、トレーシングペーパーの封筒・ウェディングの招待状 etc…マットの白・グロスの白 いかがでしょうか?是非、ご参考にしてください。

 

以上、YOU-CHANGでした!

 

1+


コメントを残す

CAPTCHA