マット厚盛り印刷

 

何度か、マットの厚盛り印刷のご紹介はしていますが、

下地の印刷が無地でその上にマット厚盛りインキを印刷したものをご紹介します。

これは、2013年の弊社の見開きカレンダーの表紙と背表紙です。

 

(↓クリックすると拡大します)

 hana_omote_all hana_ura_all

表紙は、紋様などを弊社イメージカラーを組み合わせて、

華やかに和風なイメージでデザインしました。

表紙の面はマット厚盛り印刷はしていません。

 

背表紙は黒の下地に表と同じ模様を、マット厚盛りインキ1色で印刷したものです。

印刷しているマット厚盛りインキは、無色です。

材質表面の質感の違いと、インキの厚みにより、柄が浮き出て見えます。

もっと艶のある材質を選ぶと、より質感が強調されて違いが出ます。

同じ柄でも、無地の上に印刷すると控えめですが、

華やかさを残しつつ渋みが出ていると思います。

 

↓マット厚盛り印刷前(無地)

↓マット厚盛り印刷後

 

ゴールドやシルバーの下地にアールデコ調の柄

白色の下地にレースのような柄など印刷すると

ウェディングを連想させる華やかな印象になるのではないでしょうか。

 

下地の色が無地の場合でも、マット厚盛りインキを

1色印刷するだけで雰囲気も変わります。

このような使用方法もあります。

いかがでしょう。何かのヒントになりましたか?

 

以上、YOU-CHANGでした。

0


コメントを残す

CAPTCHA