SAT SYSTEM印刷

SAT SYSTEMとは、「Screen Advanced Technology system」の略でスクリーン印刷の特徴(耐候性・耐久性・隠ぺい性)とオフセット印刷の特徴(生産性・画像再現性・高品質)を併せ持ち、樹脂成型用フィルム印刷を得意とする印刷技術です。水なしLED-UVオフセット印刷機と成型性や耐熱性を高めた専用インキを使用して短納期・大量生産対応と高品位な印刷表現を可能にする新しい印刷システムです。

SAT SYSTEM印刷

SAT SYSTEM印刷はスクリーン印刷に近い耐候性がある専用インキと、高品質で生産性のある専用印刷機(最大7色まで印刷可能)を使用することで、スクリーン印刷とオフセット印刷の優位性を併せ持つ印刷システムを使用した印刷です。従来のオフセットインキに比べて、PC(ポリカーボネート)・PET(ポリエチレンテレフタラート)などへの密着が良く、成型性に優れています。スクリーン印刷で追い刷りすることも可能なので、多様な再現能力があります。
また、成型品だけでなく建物の内装材や水回りのデコレーションなどの耐久消費材としても使用することができます。使用する印刷機は水なしオフセット印刷機を使用しているので、環境に優しい印刷です。
「SAT SYSTEM」開発初号機の水なしLED-UVオフセット印刷機(7胴)

SAT SYSTEM印刷の特徴

  • 従来のオフセットインキでは、到達できなかった耐候性と耐久性があります。
    ※PC裏刷りの耐光促進試験で、環境温度85度400時間をクリアしています。
  • 耐熱性に優れていて、樹脂入れに必要な層をスクリーン印刷で追い刷りしたものは、バック樹脂入れが可能です。
    ※SAT SYSTEMは印刷システムであり、成型や後加工を保証するものではありません。
  • 建物の内装材や水回りのデコレーションなど、耐久消費材としても利用できます。

SAT SYSTEM印刷の注意点

  • 印刷素材は、メーカーの違いによって、インキの密着性に差が出ます。
    ※事前に密着や耐久力などの試験確認が必要な場合があります。
  • 成型を伴う場合は、成型後の絵柄などの位置の補正作業が必要です。
  • 成型方法や材料の伸縮度によっては、SAT SYSTEMが適さない場合があります。

 

用途 生活用品(住宅内装)・工業製品(自動車内装・ゲーム機・什器類) etc
参考資料 簡易パンフレット.pdf
SAT SYSTEM動画(You Tube)
SATデータ
作成時の注意点
  • データ制作の前に、データ入稿の注意点をご確認ください。
  • 画像データを支給される場合は、印刷線数の倍以上の解像度の画像データをご用意ください。
  • 175線印刷の場合は350dpi以上、200線印刷の場合は400dpi以上。
  • 2015/4現在、200線印刷まで対応できます。
  • 詳しくはお問い合わせください。
乾燥装置 LED-UV乾燥装置
印刷速度 500~8,000枚/時
対応材料 2015/4現在、PC・PET(開発中 YUPO・PVC)
  • その他の材質については、お問い合わせください。
印刷可能サイズ 最大給紙寸法(920×640mm)から、最小給紙寸法(410×290mm)
  • 印刷可能範囲は最大印刷面積(900×615mm)厚み(0.04から0.6mmまで)
注意点
  • SAT SYSTEMは印刷システムであり、成型や後加工を保証するものではありません。
  • 後加工がある場合は、事前に確認して十分にテストを行ってください。