無地にテクスチャー印刷

 

テクスチャー印刷は、物の表面の視覚的な色の明るさ、触感的な強弱を感じる凹凸を表現し、

質感・手触りなど直接触った際の感触も感じることができます。

今回は、いくつか無地の上にテクスチャーを印刷したものをご紹介いたします。

 

白ベースは、青波紋を印刷(↓クリックすると拡大します)

all_whiteup_white_2

赤ベースは籠目のような柄を印刷(↓クリックすると拡大します)

all_redup_red_2

ベースは砂目のような柄を印刷(↓クリックすると拡大します)

all_blueup_blue_2

ベースは、ヘヤーラインを印刷(↓クリックすると拡大します)

all_blackup_black_2

それぞれ、無地の上 にUVクリアーを印刷しています。

柄によってイメージも伝わり、柄の存在感もあります。

 

もっと厚く印刷すると、よりリアルな物の凹凸表現も可能です。

弊社ホームページ 事例の華飾印刷のテクスチャー印刷のページも是非ご覧ください。

テクスチャー印刷 ←(クリック)

 

華飾印刷することで、物の質感などが強調されます。

このようなテクスチャー印刷を使ったデザインもおすすめです。

 

以上、YOU-CHANGでした。

 

0


コメントを残す

CAPTCHA